ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

理想

現在の結論で言うと

理想

というものがなんなのかがわかりません

 

 

 

屁理屈な話になるかと思いますが

 

そもそも

出来事や物事・事象において

あらゆる視点をもつことができます

 

 

 

たとえば

テレビは離れて見てね

なんてよくアニメのオープニングなんかで言われます

 

 

離れてみることは

目の疲れを調整するためです

 

一般的に

画面に近づいているよりも

ある程度の距離を置いていたほうが

目の疲れが減少すると言われています

 

この状況での理想ってなんでしょう

 

 

適度な距離を置くことでしょうか

 

それとも

その通説は間違っているとして

適度とは程遠い距離で見るのか

 

 

そもそも

テレビを見ないでいるのか

 

テレビを壊してしまうのか

 

テレビなんかよりも

楽しいものがあるとして妨げるのか

 

 

目を疲れないようしにして

テレビを見るためには

・適度な距離を置くこと

が一般的なのかもしれません

 

ですが

それが絶対的に正しいという保証はありません

 

 

 

というか

そもそもテレビを

見るのはなんのためでしょう

 

 

というか

目が疲れるといっても

それが具体的にどの程度

悪影響を及ぼすのか

 

はたまた

目の疲れが起きたからといって

失明をした人がいるのかもしれません

 

 

 

というか

そもそも

人間生きている限り目を使うわけですから

 

ある程度の目の疲れは許容範囲ですし

 

 

仮に失明をしたからといいて

失うものはありますが

新しく得るものだってあります

 

テレビをたくさん見て

人生が変わる人だっているかもしれません

 

 

目の疲れが原因で

メガネ屋であった運命の人と

出会うかもしれません

 

 

 

どんな正しさも存在します

 

見ようによっちゃ

見るところによっちゃ

 

屁理屈なところもありますし

常識的ではないかもしれませんが

 

どんな視点だって正しくも間違いにも

とることができます

 

 

 

理想ってなんなんでしょうね