読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

人生、なんのために生きているのか

 

何か意味があるのかと問われても

なかなか応えにくいものです

 

 

生まれたときに

予め神が定められていたんだ

なんて言われると

 

誇らしくも

責任を感じてしまいます

 

 

モラトリアムなんて言いますが

青年期の人は

人生について考え迷い続ける時間が与えられているという

ものです

 

 

人生の意味なんてものは

大人も子どもも含め

大半の人はそんなものわからないのだと思います

 

 

 

大抵夢というものは

願望でしかありません

 

欲求を与えてくれるものです

 

 

 

たぶん

将来の夢を決めていく人たちというのは

些細な事で

人からしたらどうでもよくて

かっこいいことが

きっかけになるんじゃないかと思います

 

 

サッカーが楽しくてサッカー選手になりたい人は

その人にとってサッカーは楽しくて

素晴らしい理由になりえますが

 

 

多くの人にはなりえません

能力の問題もあるし

実際にやったことのあるかという問題もありますし

挫折した経験から諦めてしまうこともあります

 

 

 

サッカーが楽しいだけでは

サッカー選手にはなりえません

 

サッカーをして、いろんな人に認められて

はじめてサッカー選手になりえます

 

好きなだけではなりえないのです

 

 

 

夢なんてものは

抱くことは恥ずかしくて

かっこ良くて

 

不安で

なりたいもので

達成したいものである

 

 

 

夢というものは

誰かの願いを含んでいるなんて話もあります

 

誰にでもなれるわけではないし

だからこそ

夢を叶えられなかった人の分まで

頑張る必要があるって

 

 

夢を叶えている人

夢に近い人というのは

 

応援してくれる人や

やじを飛ばしてくれる人

企業やファン、監督

いろんな人から

 

望まれをもたれます

 

認められるかどうかを判断されます

 

 

時に重荷になり

時に励ましにもなる

とてつもなく馬鹿でかい

 

勝手な望みです