読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

「モモン」

金色のガッシュベル!!」という

漫画・アニメがあります

 

 

ガッシュベルという

鰤を異常に好む

金色の髪の、背の小さい魔物が主人公です

 

金色のガッシュベル!!では

主人公を含む100体の魔物が

バイバルをはじめます

 

バイバルに生き残り

最後の一人になると

願いを一つ叶えることができるのです

 

 

ちなみに

バイバルで戦うといっても

生死が関わるわけではありません

関わるときもありますが

 

 

100体の魔物はそれぞれ

人間社会で戦います

人間と魔物のパートナーを組みます

人間は、魔物との契約の証である

分厚い本を所持します

 

 

 

分厚い本には

パートナーにしか読むことのできない

「呪文」が書いてあります

 

 

 

パートナーが呪文を唱えることで

魔物が攻撃を繰り出すことができます

 

 

そこには様々な感動や熱い物語があるのです

 

 

 

モモンというのは

100体の魔物の中の1体です

ピンク色のうさぎのような

大きく細い耳が特徴です

 

モモンは臆病で優しく

戦いをあまり好みません

 

 

モモンは

物語上、珍しいことに

誰かを傷つける呪文がありません

 

相手の動きをスローにさせる

光線を繰り出します

 

 

モモンのパートナーは

宗教模様のシスターさんです

 

 

 

モモンが戦いに敗れてしまうシーンがあります

感動シーンです

 

モモンと主人公ガッシュベルを含む集団は

敵役で世界を滅ぼそうとする

魔物ゼオン一向に苦戦していました

 

 

ガッシュベルのパートナーである

中学生の清麿が

不在で

残りの戦える魔物ががモモンとガッシュベルのみになります

 

 

モモンはそれまで

戦うのを放棄していましたが

自慢のうさぎの耳で

主人公ガッシュベルのパートナーである

清麿が戦いの場へやってくることを悟りました

 

 

戦う勇気が生まれたのです

 

 

 

モモンは

清麿がやってくるまでの

約1分間

時間稼ぎをはじめました

 

敵役の白髪、ゼオンの仲間2体の魔物と

戦います

 

 

 

モモンの時間稼ぎは順調に進むのですが

残り30秒近くになるころ

ピンチともチャンスとも呼べる状況になります

 

モモンは2体の魔物の背後に渡りました。

モモンの呪文を相手の魔物に当てれば

大きく有利になります

 

 

しかし、2体の魔物は

モモンのパートナーである

シスターさんを攻撃しようとしました

 

 

シスターさんは

戦いの途中で足をケガしてしまったのです

 

 

 

モモンは一瞬のうちで

思考しました

 

 

・魔物に呪文を当て、時間を稼ぎ、世界を救うか

 

・魔物の攻撃(強い光線)に呪文を当て

大事なシスターを守るのか

 

 

モモンは迷いませんでした

 

 

言い訳や懺悔をしながらも

モモンは

シスターを救いました