読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

自己犠牲はもてるよね

最近、自己犠牲をする人はモテるよなぁと思いました

化物語の主人公、阿良々木くんは

自己犠牲の塊です

自分自身よりも他者を優先することができます

自分自身よりも大切なものがあるからです

 

 

 

女の子というのは

自分自身を大切としてくれる人が好きなようです

男も同じだとは思いますが

 

自分自身を大切としてくれる人に

胸きゅんします

ぼくもします

ぼくもぼくを大切としてくれる人と一緒にいたい

 

 

 

他者を大切としてくれる人はたくさんいます

というか誰でも、誰かのことを大切としています

 

 

自己犠牲の人というのは

程度にもよりますが

大切とする・優先する程度が異なります

 

阿良々木くんは

自分自身の命を迷いなく犠牲にすることができます

 

僕の友達は

自分自身の時間を迷いなく犠牲にすることができます

 

 

 

ぼくには

命も

時間も

簡単に犠牲というか

誰かのために使うことはできません

 

 

 

それには

僕自身の都合であったり

面倒臭さであったり

相手への配慮であったり

相手が重く感じるのではないかと思ったり

どう思われるのか不安に思ったり

などなど

 

いろんな思いがあります

 

 

そう簡単にできるものではありません

 

 

ぼくでも

本当に大切な人であったりとか

相手がぼくのことを望んでいるとしたら

話は別ですが

 

 

 

自己犠牲する人というのは

そんなものは

気にしないことが多いです

 

彼らは自分自身はあまり重視しないのかもしれません

他者しか見ることができなくなることがあります

 

自分が見失われてしまいます

 

考え方によっては

自分自身しか見えていないのです

 

 

 

だからかっこいいんです

だから憧れるんです

だから愛おしくもなるんじゃないかと

思います

 

 

 

ぼくは

大切な人には

自分自身をやっぱり大切にしてほしい

そして

その次くらいに僕自身を大切にしてほしい