ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

目標について

仕事や勉強をするときなんかには

目標をもつことを勧められます

 

 

目標というのはモチベーションを

維持させるために必要です

 

 

 

目標をたてるときに

個人の能力や時間的に可能であるかどうかが

非常に重要視されます

 

叶いっこない目標は

モチベーションの低下を招きます

 

 

 

宇宙に行きたいけど

お金がない

よし、自分の力でロケットをつくろう

ロケットに乗って宇宙へ行こう

 

 

かっこよくてロマンがあります

物理的にも方法論的にも

不可能ではないですけど

あんまり現実味を帯びていません

 

それだったら

お金を貯めて

宇宙旅行へ連れて行ってもらったほうが

速くて現実をおびていると思います

 

 

 

ぼくは早起きを目指していたんですが

目標を立てても

実現することはめったにありません

 

目標を立てたからといって

願いが叶うわけではありません

むしろ、叶わないほうが多かったりします

 

 

 

それは

・目標の設定の仕方の問題

・モチベーションの維持の問題

だったりします

 

 

 

ぼくはよく

長期休みの時なんかは

朝6:00に起きよう

 

なんて目標を立てていました

 

 

結果、起きられた試しは一度もありません

 

ぼくには早起きはまだ早かったのでしょうかね

 

 

 

目標を達成するにあたって

目標へ近づいている

実績をあげている

という実感が非常に重要視されています

 

 

ゲームのような感覚ですね

いきなり、RPGなんかで

ラスボスに戦いを挑んでも勝てっこありません

 

 

 

レベルを少しづつ上がり

達成感を味わいつつ

新しい技や進化を経て

飽きさせず、モチベーションを持続させる

 

 

やがて

ラスボスに敵うくらいのレベルになり

倒していく

 

 

RPGの何が楽しいのか

何が飽きさせず続けさせているのかといえば

 

ラスボスを倒したい!という意思よりも

ラスボスを倒すまでの過程が楽しかったりします

 

 

 

よく

結果よりも過程のほうが楽しいなんて

物語の登場人物が言います

 

 

 

だから

目標を立てて

いざ達成しようと思っても

 

過程が楽しくなければ

続くわけがないのです

 

 

 

目標達成の姿を夢見て

頑張り続けても

途中で諦めることが多いのです

 

 

 

ぼくたちは目標を達成するにあたって

どれだけ過程を重視するかが

鍵となってきます

 

 

人の意志力なんて

たかが知れていますからね