読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

価値観

価値感は

よく日常生活でも使われるかと思います

 

恋愛において

価値感が合うことであったり

 

価値感の合う友だちがほしいとか

 

 

価値観が合うということは

同じような性格や考えをもっていること

 

好きなもの、嫌いなもの

許せるもの、許せないもの

求めるもの、求めないもの

 

なんかが類似していること

 

 

人は

自分と似ている人を

求めているということです

 

 

価値観と合う人とは

喧嘩も起こりづらいかと思いますし

 

似た意見は親密感を互いにもたせます

 

 

 

だけど

ときに

価値観の類似は万能ではありません

 

 

というか

人は誰かとは異なる生き物です

 

完全に価値観が合致する人同士は

なかなか見つけることは

困難を極めるかと思います

 

 

 

大前提として

人と人とは違うものです

 

何かしらの自身とは異なるものを

受け入れる必要があります

 

 

 

友だちなんかでは

生活をともにするわけでもなく

金銭面や食生活、責任などは

とくに共有しないかと思います

 

しかし結婚となると

あらゆることを

共有する必要があります

 

 

近い距離だと

相手の嫌なところが見えてしまう

なんていいますが

不思議なものです

 

 

嫌なところだと認識をしているのは

あくまで見る側なのですから

 

その人にとっては

当たり前であったことなのです

 

嫌な部分だと思うのは

見る側の勝手な意見なのですから

 

 

 

価値観の合致は

大切なものです

 

許せない

嫌いなものを

抱える人とは

 

一緒にいても

楽しくありませんから

 

 

だけど

価値観を否定するだけでなく

肯定することも現実場面では可能です

 

 

どうしても許せないものが見つかったら

そのときは仕方がありません

 

 

どちらも悪くて

どちらも正しいのですから