読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

あくたいあく

悪いものとされるものと

悪いものとされるもの

 

どちらも悪いと認識されていて

どちらのほうが悪いとか

人によって異なる判断が下されてしまうもの

 

 

それぞれに

誰かの迷惑をかけていて

それぞれに

非難や恐怖の念を当てられている

 

どちらの悪も

それぞれの正義を振りかざし

押し付けてしまう

 

 

あくたいあく

 

 

 

どちらも悪いのだから

どちらが戦うことも

だれも

もしかしたら非難しないのかもしれません

 

戦うということは

どちらかが敗れてしまうかもしれないのだから

 

 

悪は悪の味方ではない

いやときに

悪の味方なる場合もあるけれども

 

悪は

ただ悪として

一つの正義として

 

戦っていく

 

 

暴力を振りかざすことが悪であれば

迷惑をかけることが悪であれば

少数派が悪であれば

 

誰でも悪としてなりえるのである

 

 

正義は勝ったほうが正義なのだ

必ずしも強い方ではない

 

勝てば正義として

多数であれば正義として

 

正義を振りかざすことができるのかもしれない

 

 

だとするのであれば

いつだって

ぼくたちは

悪であり

正義を振りかざす

悪なのかもしれない

 

 

勝つことはできるけど

いつまでも勝ち続けることは

できないのである

 

いつだってぼくたちは

敗者であり

負けてきた生き物なのだから。