ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

真里は・・・、真里はなぁ!

俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ!

俺を救ってくれるかもしれない女なんだ!

 

 

仮面ライダー

セリフになります

 

 

どういった心境で

放った言葉なのかはわかりません

母親??

思わず疑問が浮かんでしまいます

 

 

 

よく

男性でも女性でも

異性の親と似た人を

好きになるなんてことを聞きます

 

ファザコンだとかマザコンだとか

エディプスコンプレックスとか

エレクトラコンプレックスだとか

 

 

異性の家族の親というのは

最も身近なものの一つで

 

性格であったり価値観であったり

考え方であったり

口癖、趣味嗜好

などなど

 

 

異性の像というものを

大きく形成してしまいます

 

参考としてしまいます

 

男って女って

こんな感じなんだって

 

 

 

異性に求めるものは

人により多種多様に存在します

 

セックスだったり

寂しさを埋めるものだったり

自信を与えてくれるものであったり

 

恋愛を楽しむもんであったり

共に生活をしてくれる人であったり

 

 

 

異性の親が与えてくれて

嬉しかったものを求め

 

異性の親が与えてはくれなかった

欲しいと感じたものを求めてしまいます

 

絶対にこの例が

すべてに当てはまるとは思いませんが

 

 

 

救ってくれる

仮面ライダーのセリフがあります

 

 

 

救われたいんですよね

異性の好きな相手に

 

 

自信がない人は

異性の相手に

君は大丈夫だよ

君がいてくれる

 

それが自信として

与えてくれます

 

 

大事な人がそばに居てくれているんだって

思うことができます

 

 

 

救われていない

満たされていないのです

 

多くの人というのは

というかほとんどの人というのは

 

 

みんな求めて

与えられたくて

 

だけど

与えられるだけでは

お互いが成立しないから

 

 

与えられ

ときに与えていきます

 

 

大事な人に与えてみては

どうでしょうか