読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

運命論

運命論への皮肉

人生のあらゆる出来事は

あらかじめ決められているもの

であるとする考え方になります

 

 

運命論を考えると

どうしようもない

脱力感におちいります

 

予め決まっているのであれば

そもそも行動する道理がなくなってしまうと

個人的には極端な考えに至ってしまいます

 

 

ポジティブな考え方もできます

予め決まっているのだから

失敗も挫折も

運命のせいにできるって

 

だから責任も

恨みも

感謝も

運命のせいにしてしまえばいいって

 

 

 

個人的には

つまらないなぁと

思ってしまいますが

 

 

運命は変えることができるって

どこかの漫画の登場人物が語っていました

 

それって運命じゃなくね

と思ってしまいます

 

 

物理的に

予め

出来事や

あらゆる人間の行動とか

すべての地球・宇宙の事象とか

 

そういったものを予想できるとは

到底思えませんし

 

予め誰かが

決めているとか

 

 

そんなことを考えていると

考えているときは楽しくなりますが

 

だんだん飽きてきてしまいます

 

 

だけど

運命論が正しいとしても

 

運命論であると

気付かず

思い込まない時点で

 

全くその人へ機能しないのかと

思います

 

 

運命論を認識することで

はじめて運命論の恩恵を受けられると

思うんです

 

 

運命論なんて

信じたくない

個人的な意見ですが