ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

ヒーローはいつも遅れてやってくる

ヒーローはいつも遅れてやってくる
 
 
 
それって
ただの遅刻魔じゃないだろうか
 
 
 
 
なぜヒーローは遅れてやってくるのだろう
 
 
 
アニメや漫画、ドラマなんかだと
ヒーローが遅れるのには
 
物語を盛り上げるためという
 
 
もっともな理由がある
 
 
 
 
ヒーローは大抵強く
 
ヒーローはいつも
素早い対応を求められるのではなくて
 
 
ちんたらとした対応を求められるのだ
 
 
 
 
 
遅刻魔以外にも
・運がとてつもなく悪い
・どじっこ
・おおざっぱ
・危機管理能力のなさ
・うぬぼれ
・ヒーローの掟
・フィクション
 
などなど
 
何個かの理由が思いつける
 
 
 
 
 
 
ヒーローもたまには
はやめにやってきたらどうだろう
 
意外性は間違いない
 
 
 
「ついにヒーローは遅れずにやってきた!!!」
ちびっこのあこがれとなるだろう
 
 
 
 
 
たとえヒーローだと認識されていても
遅れずに
悪者が現れたと同時に
ヒーローが出現したら
 
 
そいつは
きっと
ヒーローとなりえないのだろう
ヒーロー失格だ
 
 
 
 
不思議なものだ
現実社会では
仕事でも政治でも勉強でも
 
素早い対応を求められるというのに
 
 
 
 
ヒーローはきっと
別腹なのであろう
 
 
 
 
ヒーローは特別なのだ
特別扱いされているだけなのだ
 
ヒーローだって心のそこでは
きっと素早い対応を望んでいるに違いない
 
 
 
 
ヒーローだって
人間で
それゆえに後悔だってする
 
たまにはなぐさめてやってもいいだろう