ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

救いの唄

きみはどうしたいんだー

本当はきみはー

何を望んでいるんだー

それはきみが知っているー

君だけが知っているー

 

 

 

世界は君を中心になど回っていないー

でも君の意思で見える風景を変えてしまうー

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる〜

 

 

 

ほら〜

世界なんて美しくも ゴミみたいで なんともなく

ただそこに存在してー

それでも君は世界に何かを望んでいるんだろー

 

 

望んで望んで望んで臨み切って 

 
望まないものしか現れてこないー

 

ほんとは きみはなにを望んでいるんだい

 

 

世界は残酷なんかじゃないー

世界は素晴らしいものなかんかじゃないー

 

 

 

じゃぁなんなんだー

それを見つけてごらんー

 

 

そんなことどうでもいいものなんだってことに気づいたら

きみの世界は少しは輝いて見えるかもねー