ももじろう story

短くて簡単な物語?を書いています(`・ω・´)ゞ

不安

「不安は

未来の出来事に対して

自分がどうにかしたいと思っても

どうにかできるか確信がもてないときに

不安が生じる」

そんな話を聞いたことがあります

 

 

 

不安という感情は誰にでもあると思います

 

 

試験で良い点数が取れないかもしれなくて不安だ

 

告白しても振られてしまうかもしれないから不安だ

 

明日雨がふるかもしれないから不安だ

 

 

不安のとき

人はあまり良い思いはしません

 

ときには

何時間も数日間でも

不安な対象に対して

考えこんでしまいます

 

 

未来のことってこわいですよね

何が起きるのかわかりませんから

 

 

不安というのはこれからの未来のことに

なるかと思います

 

 

人間過去のことに対して

不安にはなりませんからね

 

 

 

過去のことで

これから起こる未来に

影響をしてしまうんじゃないかという不安もありますが

 

 

過去への不安ではありません

未来への出来事への不安です

 

 

 

また

不安というのは未確定な要素に対して

生じます

 

決まりきっていることや

当たり前なことに対して

不安にはなりません

 

 

今日が月曜日だけど

明日水曜日になってしまったらどうしようなんて

誰も思わないかと思います

 

 

 

また

不安というのは

自分がどうにかできるかわからない

自信がもてないときに生じます。

 

 

 

去年までティッシュで鼻をかむことができた人が

特に身体的に変わらない状態で

今年はティッシュで鼻をかむことができるのだろうか

なんて不安に思うでしょうか

 

 

 

不安を感じやすい人というのは

物事の確率の曖昧さを

よく認識している人であると思います

 

 

あらゆる物事に対して基本

絶対なんてことはありません

 

 

また

自分の能力を過信していない人でもあると思います

 

 

 

不安になりやすい人というのは

 

 

過去にあまりにも

自分や自分と近くの人を

自分自身の能力ではどうにかすることが

できなかった

経験が多かったのではないかと思います

 

 

いわゆる

有能感が他者よりも低いのです

 

 

 

有能感とは

自身の能力で物事や事柄を

変えることができるという思いがあること

です

 

 

 

自分ではどうにもできないだろうと

思っている人にとって

不安でしかありません

 

 

信頼できる人に対しては

不安を感じることは少なくなるのかもしれませんが

 

 

 

これらを悪く言うと

自信なくて臆病な人であると思います

 

 

不安とは

人間の危険を察知するの力で

本来悪いものではありません

 

ですが

不安が強すぎる人というのは

必要以上の苦しみを感じてしまうことがあります